弁護士マップのイチオシ記事

交通事故に巻き込まれたら弁護士に相談をおすすめする理由

弁護士に相談

交通事故に巻き込まれたら、怪我や死亡に関わらず弁護士に相談するをおすすめします。私たちは、生活の中でよほどのことが無い限り、弁護士に相談しようとは思わないでしょう。特に交通事故直後となれば、尚更そのような余裕が無いはずです。しかし、だからこそ相談するメリットがあるのです。

状況を客観的に判断してくれますし、今後のアドバイスも貰えるでしょう。さらに、一般の被害者は保険会社から不当な提示額、または不当な示談交渉などを受けても気づかないでしょう。当初から弁護士に相談すればそのような心配も不要です。

弁護士と聞くと高額な報酬のイメージがありますが、今は無料で相談を受け付けてくれる事務所が増えています。当サイト登録されている法律事務所は相談無料です。

また、そもそも弁護士に依頼する方が慰謝料を高く請求できるようになります。それは弁護士への報酬を支払っても余りあるものになるでしょう。もちろん、すべてのケースでプラスになるとは限りませんが、それは相談の時点ですぐに判断されるはずです。

このように弁護士に無料相談するデメリットは何も無いのに対して、得られるメリットはたくさんあるのです。

交通事故で怪我をしたなら入院費や通院費を計算してくれますし、後遺症が残る怪我なら等級についてアドバイスも貰えるでしょう。これにより高い慰謝料を請求できるようになります。

また、仕事を休むことになった場合の損害に対する請求なども弁護士なら忘れずに請求してくれます。慰謝料として請求できる金額の一部が成功報酬となるのですから当然です。

弁護士の中には着手金が不要の場合もあるため、初期費用が掛からずに依頼できることもあります。面倒な示談交渉の手続きも引き受けてくれるので利用する方が負担を軽減できるでしょう。

とにもかくにも、大切なのは第三者が介入しているという事実です。保険会社などから言われるがままに示談してしまい、示談金を受け取ってしまうと、不当に低い額になってしまうかもしれないからです。残念なことですが、交通事故の賠償問題において、そのようなケースがほとんどです。

だからこそ、交通事故の賠償問題において、専門的な知識のある弁護士に相談するのが確実なのです。

関連記事

弁護士マップのイチオシ記事

  1. 治療はいつまで?
    交通事故で傷害を負った場合病院で入院や通院して治療を続けます。
  2. 逆走の罰則
    高速道路を逆走して衝突事故を起こしたニュースを聞いたことがあるのではないでしょうか?この...
  3. 物損と人身
    交通事故と言っても多種多様で、人命に関わる重大なものから車がへこむだけのような場合もあるでしょう。
  4. 弁護士に相談
    交通事故に巻き込まれたら、怪我や死亡に関わらず弁護士に相談するをおすすめします。
  5. 交通事故の点数について
    自動車を運転している人なら、誰しも違反点に注意していることでしょう。
  6. 一般的に「他覚的所見なし」のむち打ち。
弁護士特約