弁護士マップのイチオシ記事

交通事故の慰謝料を自己破産で放棄する

自己破産で慰謝料を放棄

今回は、加害者側の視点から記事を書いてみたいと思います。

もし交通事故を起こしてしまい、被害者を死亡させてしまったら大変なことになります。状況によっては免停になりますし、取消になるケースもあるでしょう。さらに莫大な賠償金の支払いが待っています。

自賠責保険だけにしか加入していなければ、それを超える賠償金や慰謝料は自腹で支払わなければなりません。死亡なら2000万以上の慰謝料が発生する可能性がありますし、仮に生存していたとしても後遺障害が残るなら高額の賠償金と治療費が必要になるでしょう。

ガードレールや電柱、もしくはお店などを壊してしまったならその損害も支払う必要が出てきます。自賠責保険は物損事故には対応されていないので、任意保険に加入していなければ非常につらい状況になります。

交通事故により3000万を請求されたとします。

一般的なサラリーマンや主婦であれば返済の目途が立たないのではないでしょうか?

一生かかって返済するというのが被害者からの強い要望となるでしょう。

とは言え、経済的に苦しい状態がずっと続くのはかなりの負担です。そのような状況を解決する方法として、自己破産と言う選択肢があります。

自己破産の場合、プラスの財産もマイナスの財産も放棄することになります。これにより莫大な賠償金を免責される可能性が残っているのです。自己破産を利用すれば賠償金の支払い責任を無くし、新しく生活を始められるようになるでしょう。

しかし、世間的に見てこのような行為は推奨はされません。そのため、なるべくは返済するように努力するのが前提で、それでも苦しい時には自己破産の選択肢を考えましょう。

交通事故はいつ起こるか分かりません。被害者にも加害者にもなり得るのです。どのような状態になっても、状況を改善する対策を知っておくことは非常に大切です。追い詰められて犯罪に走ってしまったり、自らの命を絶ってしまったりする前に、この対策を実行してみてください。

最後の最後に使う手段ではありますが役に立つでしょう。

関連記事

弁護士マップのイチオシ記事

  1. 治療はいつまで?
    交通事故で傷害を負った場合病院で入院や通院して治療を続けます。
  2. 逆走の罰則
    高速道路を逆走して衝突事故を起こしたニュースを聞いたことがあるのではないでしょうか?この...
  3. 物損と人身
    交通事故と言っても多種多様で、人命に関わる重大なものから車がへこむだけのような場合もあるでしょう。
  4. 弁護士に相談
    交通事故に巻き込まれたら、怪我や死亡に関わらず弁護士に相談するをおすすめします。
  5. 交通事故の点数について
    自動車を運転している人なら、誰しも違反点に注意していることでしょう。
  6. 一般的に「他覚的所見なし」のむち打ち。
弁護士特約