弁護士マップのイチオシ記事

交通事故の傷害治療はいつまで?保険会社に治療が終わりと言われたら?

治療はいつまで?

交通事故で傷害を負った場合病院で入院や通院して治療を続けます。治療期間は長引くことがありますが、病院での治療はいつまで続けるべきなのでしょうか。

相手方保険会社が「もうそろそろ治療は終わり」と言ってくることもありますが、その言葉に従って治療を打ち切るべきなのかも気になります。

今回は交通事故による傷害の治療をいつまで続けるかについて解説します。

治療は「治癒」または「症状固定」まで
交通事故に遭って傷害を負った場合には、入院や通院によって治療をします。怪我が酷い場合には入院自体も長引きますし、それほど酷い怪我でなくてもなかなか症状が改善せず、通院治療が長引くことは多いです。

このように通院などの治療が長引いた場合、治療をいつまで続けるべきなのでしょうか。交通事故の受傷の治療は、その症状が「治癒」するか「症状固定」するまで継続します。治癒とは、その怪我や症状が完全に治った状態であり、症状固定とはその怪我や症状がそれ以上治療を継続しても、今の状態より改善しないという状態です。

交通事故の入通院慰謝料はこの「治癒」または「症状固定」時までの日数で計算しますし、後遺障害の認定も症状固定時の症状を基準にして判断します。

よって、交通事故の治療は治癒または症状固定時まで継続するのが基本です。

相手方保険会社ではなく医師の判断が重要
交通事故による治療が長引いた場合、相手方の保険会社から「そろそろ治療は終わって示談交渉がしたい」と言われることがあります。この場合、実際に治療を打ち切るべきなのでしょうか。

実際、相手方保険会社から言われたからと言って治療を辞める必要はありません。治癒や症状固定を判断するのはあくまで担当医師であり、相手方保険会社ではないからです。

保険会社は、治療が長引くとその分支払い慰謝料や治療費などの金額がかさむので、早期に治療を打ち切らせたいので早めに治療の終わりを打診してくるものです。治療を打ち切るかどうかは、担当の医師に相談してみて、本当に治癒または症状固定しているのかどうか確認しましょう。

実際に治癒または症状固定していれば治療を打ち切っても良いですが、まだであればたとえ相手方保険会社が「治療は終わり」と言ってきても、従わずに必要な通院治療を継続することが大切です。

関連記事

弁護士マップのイチオシ記事

  1. 治療はいつまで?
    交通事故で傷害を負った場合病院で入院や通院して治療を続けます。
  2. 逆走の罰則
    高速道路を逆走して衝突事故を起こしたニュースを聞いたことがあるのではないでしょうか?この...
  3. 物損と人身
    交通事故と言っても多種多様で、人命に関わる重大なものから車がへこむだけのような場合もあるでしょう。
  4. 弁護士に相談
    交通事故に巻き込まれたら、怪我や死亡に関わらず弁護士に相談するをおすすめします。
  5. 交通事故の点数について
    自動車を運転している人なら、誰しも違反点に注意していることでしょう。
  6. 一般的に「他覚的所見なし」のむち打ち。
弁護士特約