弁護士選びのコツ

弁護士に依頼することが決まったら、次にすることは「弁護士(法律事務所)を選ぶ」ことです。しかし、「何を基準に選べばいいの?」とお考えの人もいるかと思いますので、ここでは、その「失敗しない弁護士の選び方」をご説明いたします。

弁護士だから誰でもいいわけではない〜交通事故事案の専門性

例えば、交通事故のことだけではなく、法トラブルにはさまざまジャンル・ケースがあります。一般民事訴訟事件(損害賠償、医療過誤、交通事故、金銭消費貸借、請負契約など)や相続、遺言、離婚、成年後見問題、企業法務や労働事件…まだまだたくさんあります。

何を言いたいかというと、弁護士(法律事務所)にも「法律」という中で、専門性は分かれます。法律に関するさまざまなトラブルを弁護士は解決します。ただ、ジャンルによっては得手不得手はあります。では、その中で何を指標に「交通事故に強い弁護士である」と判断すれば良いのでしょうか?

それは、交通事故事案の取り扱い件数(実績)です。「交通事故弁護士マップ」では、交通事故問題に力を入れている弁護士を厳選してご紹介しておりますので、きめ細かで具体的なアドバイスを受けることができるでしょう。

弁護士との相性は大切です

弁護士との話しだけではありませんが、人が誰かと接するとき、「相性」は思ったより重要です。
交通事故弁護士マップでご紹介する法律事務所は相談無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせしてみて下さい。焦ることはありません。実際に話してみてからお決めになることをおすすめします。

弁護士マップのイチオシ記事

  1. 治療はいつまで?
    交通事故で傷害を負った場合病院で入院や通院して治療を続けます。
  2. 逆走の罰則
    高速道路を逆走して衝突事故を起こしたニュースを聞いたことがあるのではないでしょうか?この...
  3. 物損と人身
    交通事故と言っても多種多様で、人命に関わる重大なものから車がへこむだけのような場合もあるでしょう。
  4. 弁護士に相談
    交通事故に巻き込まれたら、怪我や死亡に関わらず弁護士に相談するをおすすめします。
  5. 交通事故の点数について
    自動車を運転している人なら、誰しも違反点に注意していることでしょう。
  6. 一般的に「他覚的所見なし」のむち打ち。
弁護士特約