後遺症と後遺障害

交通事故の賠償問題において「後遺症」と「後遺障害」という言葉はよく耳にします。とても似ているこの2つの言葉ですが、意味は全然違います。妥当な賠償金を手にするためには、弁護士に依頼するかどうかは別にして、まずは被害者自身が賠償問題における言葉を正しく理解することが大切です。ですので、ここでは「後遺症と後遺障害の違い」についてご説明したいと思います。

言葉で説明すると少し小難しく聞こえてしまうかもしれませんので、まずはこちらをご覧下さい。
後遺症と後遺障害の違い
分かりやすくいうと、自覚症状として痛みや痺れなどがあれば、その時点で後遺症ということです。では、「後遺障害」との違いは何なのかというと、図にもあるように、「後遺症」の中で、特に「後遺障害として認定されたもの」をいいます。ですから、「認定」されていなければ、それは、どれだけ痛かろうが、痺れようが後遺障害ではない、ということになります。

そして、ここから大事な話しになりますから、よく読んで下さいね。

後遺症・後遺障害部分の賠償に関していえば、保険会社は「後遺症」に対しては補償せず、等級の認定を受けた「後遺障害」に対して補償します。また、後遺障害が認定されると、通常の入通院慰謝料とは別に、「後遺障害慰謝料」「逸失利益」が支払われますので、賠償金額も大幅に異なってきます。


保険会社担当者との会話〜後遺症と後遺障害という言葉の誤解

たとえば、時に保険会社担当者次のようなことを言います。

「◯◯さん、病院の先生に確認したところ、◯◯さんの場合、もうこれ以上治療を続けても良くはならないとおっしゃっていました。(症状固定)ですので、そろそろ治療は終了ということでいかがでしょうか?あっ、もちろん、後遺症が残った部分に関してはちゃんとしますので…」

 
「ちゃんとしますので…」
 
保険会社の担当者がこのような言い回しをするときは、だいたいにおいて何かあります。
 
「えっ、でも後遺症があればちゃんとするって言っていますけど…」
 
保険会社担当者のこの言葉にはどういう意味があるのか、言葉を言い換えてみましょう。

「後遺症が後遺障害として認定されたら、後遺障害慰謝料や逸失利益を支払いますよ。ただ、後遺障害として認定されたら、の話ですよ。もちろん、認定されなければ、いくら自覚症状があっても、お支払いできませんよ。ただの後遺症に対して補償するという話になってしまったら、自覚症状がある限り、いくらでもいつまでも補償しなくてはならなくなりますから。そういうわけにはいかないのですよ…」

 
もちろん、すべての担当者がこうだとは言いませんが、これまで交通事被害者の方からご報告を受けている数だけでも、このような事例がかなりの数あります。この例で皆さんにお伝えしたいことは、「保険会社担当者は悪」ではなく、「保険会社担当者の言葉を自分に都合の良いように解釈しない」ということなのです。

弁護士マップのイチオシ記事

  1. 治療はいつまで?
    交通事故で傷害を負った場合病院で入院や通院して治療を続けます。
  2. 逆走の罰則
    高速道路を逆走して衝突事故を起こしたニュースを聞いたことがあるのではないでしょうか?この...
  3. 物損と人身
    交通事故と言っても多種多様で、人命に関わる重大なものから車がへこむだけのような場合もあるでしょう。
  4. 弁護士に相談
    交通事故に巻き込まれたら、怪我や死亡に関わらず弁護士に相談するをおすすめします。
  5. 交通事故の点数について
    自動車を運転している人なら、誰しも違反点に注意していることでしょう。
  6. 一般的に「他覚的所見なし」のむち打ち。
弁護士特約