壁紙選びは家の雰囲気を変える!

壁紙の選び方

色で部屋の印象を決定しよう!

壁紙を選ぶうえで色はとても重要な要素です。どのような部屋するのか事前に考え、自分に合った色を選びましょう。
・ホワイト系
部屋を明るく、広く見せる効果があります。清潔感を際立たせたい、部屋を広く見せたい方にお勧めです。
・ブラック系
重厚感、高級感を演出してくれます。高級感、重厚感を出したい方はおすすめです。
・オレンジ、ピンク系
カジュアルで、温かみのある印象を与えます。さらに淡い色を選べば、甘い、やさしい印象も与えることができます。
・グリーン系
穏やかな印象を与えることができ、心身を癒す穏やかな印象の部屋を目指したい方にお勧めです。
・ブルー系
落ち着いた印象を与えることができます。淡い色を選ぶことで、お洒落でかわいい部屋にすることもできます。

壁紙の使い方でも印象が変わる

壁紙の色も重要ですが、その壁紙の貼り方にも工夫があります。
注意するポイントをいくつか挙げてみましょう。
・壁紙を貼る部屋
壁紙を貼る部屋によって印象を変えることも重要です。リビングなら広く感じるような色、キッチンは清潔感を感じる色、などなど、部屋の用途によって壁紙を選んだ方がよりライフスタイルにあった壁紙選びができるでしょう。
・色のバランス
色の配置によっても与える印象ががらりと変わります。例えば、床、壁、天井の順により明るい色を使うと部屋の天井がより高く感じられる効果があります。
逆に天井を一段暗くすると、重厚感、落ち着きを感じることができます。
・アクセントクロス
壁一面に同じ色を貼るだけでなく、壁の一部に周りと違った色や、柄の壁紙を貼ることでまた違った印象を与えることができます。全面に貼る場合とアクセントクロスとして使う場合で、異なる印象を与える色もあります。